市原市で出張  脳トレーニングサービスをお探しなら

Human God ヒューマンゴッド

ご予約・お問合せはこちらへ

0436-77-1761
営業時間

10:00~21:00(不定休)

 日中は留守番電話で対応します。

代表ごあいさつ

こんにちは、渡辺 江観(わたなべ えみ)です。

私が脳トレーニングサービスを始めたきっかけは、自分の脳力が低いことに不満をもっていたからです。

2001年に娘の右脳開発による子育てをするようになってから、脳トレーニングの重要性を知りました。

まず私の生い立ちからお伝えしますね。

福岡県大川市で木工所に勤める家具職人だった両親の3番目の子として生まれました。

母親は育児放棄で仕事に出ており、私は話しかけられることも抱っこされることもなく、子育て無関心の家庭環境で育ちました。

生まれてから4歳までは精神的虐待、無視(ネグレクト)で、泣けば押し入れに入れられるか、外に追い出され鍵を掛けられ、また兄からのイジメで辛い子ども時代を送りました。

姉と兄は長女・長男のため祖父や親から可愛がられて育っていますが、3番目の私は望まない子だったようで母は私を川に捨てようと思ったそうです。

無口な両親のもと、私が言葉を話すようになってからは「やかましい」「だまっとかんね」と、しゃべることを否定される環境にいたので、おしゃべりも人との会話もできない無口な子でした。

ネグレクトは海馬が委縮するなど子どもの脳に深刻なダメージを与えることが知られています。

国語の教科書音読すらできない小学生でしたので、本を読むことも考えることも記憶することも苦手でした。劣等感を感じて、いつも一人でいることに慣れていたので友達を作ることに関心がありませんでした。

幼少期に親とのスキンシップもなく、愛情をかけてもらえなかった子どもは、大人になっても人付き合いが出来なくなると言われていますが、まさに私自身がそうでした。

ことわざに「三つ子の魂百まで」とありますが、幼児期に人格を形成する基本が出来上がることを両親が知っていたらと思うと、子育ての重要性が一般に浸透していないことに憤りを感じます。

こんな私が娘を出産した時に分娩台の上で、「この子をちゃんと育てるように任されたんだな」と直観で感じました。

ある右脳開発の教材を購入し、IQ(知能指数)もEQ(心の知能指数)も高い子育ての方法を学びました。

その後、私自身も右脳開発したいと思うようになり数社の教材を購入しました。

これまでの右脳開発のデメリットは料金が高額なことです。中には100万円を超えるものもありました。

イメージすることが苦手な人には記憶力の技は使えませんでした。

使用しているうちに飽きがくるため別の教材を購入する必要がありました。その度に出費が必要でした。

これでは誰もが気軽に右脳開発することができません。

 

時代は変わり、現在では脳トレブームになっています。

仕事や学業で成果を上げるには脳トレーニングは欠かせません。

21世紀は「生き残りゲームの時代」と言われています。

会社でも人員削減のため優秀な人材を残し、会社にとって必要のない社員は退職に追い込まれる厳しい時代です。新卒の学生も就職できない人が増えました。

ご年配の方には認知症や介護の問題が出てくるため、親の介護をするために仕事を辞め、人生の計画が変わる人もいらっしゃいます。

 

「8050問題」をご存知でしょうか。80歳の親が、50歳の引きこもりになっている息子の面倒を見なければいけない人が増え社会問題になっています。

引きこもりになってしまった原因として、人間関係の問題うつになり外出できない社会に馴染めないスキルが足りないため雇ってもらえない等があります。

また、うつ病もガンになるのも年々増加傾向にあり、精神的ストレスが原因と言われています。食生活の乱れが原因で腸の環境が悪くなり、指令塔である脳の機能が衰えた人が多くなったとも言われています。

 

人生の中で、多くの人が夢を叶えられず諦めてしまうのは、自分の人生を思いのままに生きるためのエネルギー不足と創造力(イメージ力)の不足が原因であると痛感し、右脳を鍛えることでイメージ力が向上することを身をもって体験しました。

 

  1. 当社の脳トレーニングサービスは、脳と体の細胞の活性化を目的にしています。
  2. ヒューマンゴッドとは「人とは、誰もが神である」という意味の造語です。
  3. 時代の要請で5次元意識にシフトするためには、潜在意識からネガティブ思考の解放と、イメージ力を強化する必要があります。

多くのお客様の様々な問題を解決してきた脳力開発3社と業務契約して、それぞれの会社の製品のいいところを融合させ、多人数が一度にトレーニング可能になったことで低価格でサービスをご提供できるようになりました。

数年後には日本人口の3人に1人が50歳以上になります。超高齢化社会に突入した時代に、何か社会貢献したいとの想いから、脳トレーニングを日本全国に広めていきたいと考えています。

渡辺 江観 プロフィール

<最終学歴>

平成4年3月 有明高専 工業化学科 卒業

 

<職歴>

平成4年4月~ ナイガイ株式会社 

平成8年11月~ 財団法人 日本穀物検定協会 

平成9年8月~ 株式会社三貴 

平成10年9月~ 不二ロール工機株式会社 

平成11年7月~ 日立粉末冶金株式会社 

平成12年8月~ 通信・放送機構 

平成15年6月~ 第一生命保険相互会社 

平成18年1月~ 株式会社銚子丸 

平成26年10月~ 株式会社NTT東日本サービス 

平成27年8月~ ホンダカーズ千葉 

平成28年10月~ 日立化成株式会社 

平成29年7月~ NTTファイナンス 

 

<脳トレーニング歴>

平成12年5月 家庭保育園の教材購入、胎教から娘を右脳トレーニングする

平成13年11月 SSI社の速聴機購入、ジグ・ジグラープログラムで4倍速まで速聴する

平成14年10月 七田式の教材で娘を右脳トレーニングする  

平成19年7月 ミミテック音読機を購入、速聴の出力にミミテックを通して聴く 

平成20年7月 傳田聴覚システム研究所の特殊加工CDで聴覚トレーニングを始める

平成28年11月 IAX研究所の速聴CDで4倍速までトレーニングする

平成30年10月 グローバルサクセス社の速音聴ソフトと絶対記憶ソフトを購入し脳力開発する

 

その他

小学校の読み聞かせボランティア、地域のイベント司会などで活躍する。

長年、派遣社員として就業し複数の会社で業務を経験してきた結果、売り上げが伸びている会社のノウハウや効率のよい社員トレーニングを知る。